調停による遺産分割のポイント

遺産分割は、故人が遺言書を作成していてもその効力の有効性を求めて争いになることが多く、関係当事者の話し合いでもなかなか解決に至らないケースが少なくありません。
その場合、裁判所の調停制度を利用するのが有効な手段の一つです。


調停は裁判所で実施されますが、裁判とは大きく異なる点がいくつかあります。

まず初めに調停は双方が納得して解決することを目的にアドバイス、助言をする制度です。

従ってアドバイスされた遺産分割の内容に納得できなければ、当然無理に従う必要はありませんし、何度も調停の場を持つことができます。

委員の方も裁判官以外に弁護士や専門家等の有識者が入り、裁判とは参加メンバーが大きく異なります。また、プライバシー確保にも配慮され、参加は関係当事者に限定されており、当事者であっても利害が対峙する場合は別々に開催されるなどの配慮もあります。

カードローン 比較はこちらのサイトで情報公開中です。

遺産分割は時に、当事者が一同に会さない方が実態を正しく把握できるため、そういった考慮がなされます。では、実際調停に臨むにあたって、どういった注意が必要でしょうか?いくつかご説明します。
まず裁判の判決のように強制力はありませんが、呼び出しには応じた方がいいでしょう。



もちろんやむを得ない事情で参加できない場合は致し方ありませんが、頭から参加しない態度を取ると自信の言い分、主張をする場も失ってしまうことになります。



また委員のアドバイス、助言に納得がいかない場合も感情的に反論したり、ふて腐れた態度を取るのは禁物です。確かに強制力はないものの民事裁判に発展した際、委員の意見が参考にされるケースも多く、あなたの対応が不利に働くことがあるからです。